スプリングリフト

詳しい料金はこちら

スプリングリフトとは

フェイスリフト用の糸の歴史は浅く、まだ10年程度です。当初はポリプロピレンでできた糸を使用して横に出たギザギザで組織を引っ掛けることによりリフトアップ効果を得ていまいた。しかし、顔は表情により動くため、糸に伸縮性がない従来の糸では一部のギザギザに過剰な力が加わるということがありました。また、糸が固いため先端が飛び出るといった合併症もありました。
スプリングリフトは弾力性と柔軟性を与えるシリコンマトリックスと抵抗力を与え弾力性をコントロールするポリエステルヘリックスコアから成ります。そのため、

  • 糸が伸び縮みするために戻る力があり固定力が弱まらない
  • 糸全体にテンションが分散するためにひきつれをおこさない。
  • 従来の糸に比べて切れたりしない。
  • ギザギザの先端が固くない。
  • 動きにあわせて糸がしなやかに動くので痛みがない。

といった利点があります。

29_img02

スプリングリフト症例写真

29_img03

29_img04

29_img05_03
Befor
29_img05_05
After

料金

糸1本 137,100円

関連治療

Q&A

スプリングリフトと4Dロイヤルリフトの違いは何ですか?

糸の材質が違います。4Dロイヤルリフトの糸も従来の糸よりトゲの大きさが大きく、引き上げ持続力はあるのですが、スプリングリフトの糸の技術はそれを上回るようなしなやかな材質のため固定が弱まりません。

腫れのピークはいつですか?

腫れのピークは2、3日くらいであることが一般的です。

ご予約お問い合わせ カウンセリング予約 無料メール相談