ウルトラセルリフト

usell_img01

ウルトラセルの特徴

usell_text01 ultra_top ウルトラセルはたるみに関して3層へのアプローチを可能にした最新の治療器です。 表皮に集中して照射することで、目元の小じわや毛穴・くすみに効果を発揮し、真皮への照射でたるみの改善を行い、さらに深層の表情筋層に作用させることで、より効果的な引き締め効果を得られます。   ①HIFU(FUS) 深部の表情筋膜(SNAS、浅側頭筋膜、前頭筋膜、広頚筋)に作用することで効果的な引き締め効果が得られます。切開系のフェイスリフトでもこの層を引き上げていきますので「切らないフェイスリフト」とも呼ばれます。今までの治療器であると「ウルセラ」という機械がこれに相応します。 ②イントラジェン(GFR) 皮下組織層・脂肪層に高周波を加えることにより引き締めをします。東洋人特有のたるみに合致した治療であり、当院でも根強いファンの多い治療器でした。直後に高周波の熱による引き締め効果があり、1〜3ヶ月目にコラーゲンの新生によりさらに引き締め効果を発揮します。今までの治療器であると「サーマクール」という機械がこれに相応します。 ③SRR(イントラセル) 表皮・真皮に集中して照射することで、目元の小じわや毛穴に効果を発揮します。 ウルトラセルは表皮照射・高周波RF・高密度焦点式超音波(HIFU)の3つのテクノロジーを組み合わせることで、年齢肌のための次世代のコンビネーション治療が可能になりました。

  イントラセルSRR 高周波RF 高密度焦点式超音波(HIFU)
効果 表皮から真皮上層に熱を与えます。即時的な効果があります。 高周波で真皮層内のコラーゲンに作用します。 超音波を照射し、真皮層だけではなく、筋肉まで熱エネルギーが届きます。
メリット 肌をほとんど傷つけずに即時的なハリ効果が表れます。 肌をほとんど傷つけずにレーザーや赤外線では届かない深部にまで熱を届けることができます。 フェイスリフトに比べて短時間で身体への負担も少なく、他の治療と併用施術も可能です。頬や口元だけでなく目もと・額・首など広範囲に適用可能です。
デメリット 治療直後は赤みが目立つ場合があります。 肌の状態や年齢により効果に個人差があります。 フェイスリフトに比べ効果の持続時間が短い(6~12ヶ月)です。
ダウンタイム ほとんどありません。 ほとんどありません。 ほとんどありません。
効果イメージ  ultra_image1  ultra_image2  ultra_image3

最新症例

ultra_before Befor ultra_after After

料金

施術名 価格(税抜) モニター価格
イントラジェン(GFR) 400ショット 88,000円  
イントラジェン(GFR) 600ショット 128,000円  
ウルトラセルリフト 192,000円 145,600円
トリプル・ウルトラセルリフト(SRR、HIFU、GFR) 268,000円  
ご予約お問い合わせ カウンセリング予約 無料メール相談