バスト・乳首

「乳首が大きすぎる」「乳首が陥没している」等、バストにお悩みを抱える患者様へ。

形成外科医による乳頭縮小、乳輪の黒ずみ、乳輪縮小、陥没乳頭、乳房縮小、乳房吊り上げ等の、多様な施術でお悩みにお応えいたします。

乳頭縮小

大きすぎる乳頭には、高さが高すぎる乳頭、幅が広すぎる乳頭、その両方が混在する乳頭と人それぞれの乳頭の形態があります。それぞれの形態に応じて術式を選択し、お悩みを解決いたします。

乳頭縮小術には2つの方法があります。「乳管温存法」と「簡便法」です。

その2つの具体的な方法をご説明致します。

①乳管温存法とは

乳管温存法とは乳管を残しつつ乳頭を縮小し、術後も赤ちゃんに授乳する事が可能な方法です。

母乳は図の乳腺で作れられ、乳管を通って乳頭から出る構造になっています。

乳管温存法は術後も乳管が温存された状態です。

つぎに具体的な方法について解説致します。

乳管温存法

1.局所麻酔

初めに、乳頭に局所麻酔の注射をします。


側面の根本部分に注射をする為、強い痛みはありません。チクッとする程度です。

2.余剰皮膚の切除

麻酔がしっかり効いた後、乳頭の先端を残して下部の皮膚を切除します。

図のように余分な皮膚を切除し、バランスの良い形にします。

3.縫合

切除後の部位を細い糸で縫合します。

接合部を縫合します。

後日、抜糸をしたら完成です。前から見ても横から見ても綺麗な小さい乳頭になります。


抜糸後は縫合の後はほとんど目立たなくなっています。
つぎに簡便法という術式を解説致します。

②簡便法とは

簡便法とは主に男性の乳頭を縮小する場合に用いる術式です。乳頭から切除するので乳頭をしっかりボリュームダウンする事が可能です。今後授乳する事がないと仰られる女性であればこの術式を用いるケースもあります。

1.局所麻酔

初めに局所麻酔を行います。

痛みが少ないよう乳頭の付け根の部分に注射します。

2.余剰皮膚の切除


麻酔がしっかりと効いた後に余分な乳頭上部をメスで切開します。


切開した部分を切除します。

3.縫合

細い糸で縫合します。

後日、抜糸を行い完成です。跡はほとんどわからない状態になります。

この方法は乳頭上部を乳管ごと切除する術式ですので、女性がこの方法で乳頭縮小すると授乳は出来なくなります。

男性に関しては授乳をしない為、気にされることなくお受け頂く事が可能です。

料金

乳頭縮小(簡便法)(片側) 81,500円
乳頭縮小(乳管温存法)(片側) 155,600円(雑賀院長限定モニター 128,000円)

術前 左側面

Befor

術後3ヶ月 左側面
After

乳輪の黒ずみ

乳輪の黒ずみにはトレチノイン軟膏やハイドロキノン軟膏といった美白剤の塗り薬で徐々に色を薄くしています。1日1~2回乳輪に塗るだけです。

料金

トレチノイン 6,300円
ハイドロキノン 6,300円

乳輪縮小

大きな乳輪部分をドーナツ状に切除し縫縮します。形成外科的に丁寧に縫合しますので傷は最小限です。

料金

乳輪縮小(片側) 146,300円(雑賀院長限定モニター 128,000円)

モントゴメリー(乳輪のぶつぶつ)

乳輪内にあるぶつぶつを切除します。

料金

モントゴメリー 1個 20,000円

陥没乳頭

乳輪周囲に変形のZ型に切開を施します。乳管を温存しながら、乳管周囲の癒着した組織をほぐしていきます。引き込まれ方の重症度に応じて癒着剥離を追加していきます。
乳頭が再び引き込まれないようにZ型に切開した皮弁を入れ替え、縫合します。乳輪内に大きく切り込まないため、キズ跡も目立ちにくい方法です。
授乳障害や乳腺炎を引き起こす可能性のあるものは健康保険適応にて手術が可能です。診察時に判断が可能となります。

陥没乳頭の種類

陥没乳頭の種類は2つあります。「仮性タイプ」と「真性タイプ」です。

仮性の方は平常時は陥没していても、刺激を与える事で乳頭が出てくるタイプの方です。仮性であれば授乳が可能ですので、見た目を気にされる方が多い事と、陥没部に垢などが溜まり不潔になりやすいため炎症を起こしやすい事が問題点です。

真性の方は刺激を与えても陥没したまま乳頭が出てこないタイプの方です。真性の方は仮性の方の問題に加え、授乳が困難な事が問題点となります。

仮性タイプの方も真性タイプの方も、衛生面・機能面・見た目の事もありますので、陥没乳頭は治療をされることを推奨いたします。

陥没乳頭の治療手順

1.局所麻酔




はじめに、術中の痛みを無くし快適に手術をお受け頂く為、局所麻酔を行います。

側面の根本部分に注射をする為、強い痛みはありません。チクッとする程度です。

2.皮膚の切開


乳頭の中央の線に合わせてメスで切開します。

3.乳頭を引き出す



術後に授乳が出来るようできる限り乳管を傷つけない様に、温存しながら引き上げていきます。


4.乳頭の根元を縫合する


元に戻らない様に溶ける糸(吸収糸)で中を縫います。

5.表面の縫合


表面も縫合し、後日抜糸を行えば完成です。


抜糸した後は、傷はほとんど目立ちません。

当院の陥没乳頭治療は、授乳機能と見た目を可能な限り両立させ、再発しにくい術式を用いています。

料金

陥没乳頭手術(自費、片側) 135,200円
陥没乳頭(保険適応、本人負担3割の場合、片側) 22,000円

乳房縮小

料金

乳房縮小術(片側) 637,100円
モニター料金  

動画で見る乳房縮小

乳房吊り上げ

加齢・出産や授乳・急激なダイエット・ホルモンバランスの変化などによって、バストの形や張りが崩れて下垂してくる場合があります。当院では下垂したバストの状態や、ご希望のバストの形状・大きさなどに合った方法をご紹介しています。
1)軽い下垂の場合には、『医療バッグ挿入法』で若々しく張りのあるバストに整えることができます。
2)重い下垂の場合には、乳頭まわりの余分な皮膚やたるみなどを除去し、乳頭・乳輪を上に移動させることでバランスの良いバストアップを実現します。

料金

乳房吊り上げ術(片側) 322,300円

最新症例

術前 正面
Befor
術後2週間
After

過去の症例写真はこちらをクリック

ご予約お問い合わせ カウンセリング予約 無料メール相談