ハムラ法・裏ハムラ法

ハムラ法(経皮的眼窩脂肪移動術)

治療紹介動画

【クマ取り治療 ハムラ+脂肪注入はイマイチ!?】

ハムラ法とは

下眼瞼の睫毛下縁を切開し、眼窩隔膜(目の下の脂肪を覆っている膜)や眼窩脂肪(目の下の脂肪)を、眼窩の骨膜や内側の眼輪筋に固定する方法です。
また、下眼瞼の外反防止のため、状況に応じて外眼角に眼輪筋を固定します。
目の下のクマやたるみが強く、皮膚切除が必要な方におすすめの術式です。
ダウンタイムは1ヶ月〜3ヶ月程度でやや長めではありますが、長期的なクマやたるみのお悩みの改善ができる為、疲れたように見られたり、老け顔に見られたりするお悩みを解消できます。
切開を行った傷跡は下眼瞼の睫毛下縁で行うため、1週間目の抜糸をしてしまうと傷跡はメイクで隠すことができ、3ヶ月後〜半年くらいにはほぼ傷跡は目立たなくなります。
やや長いダウンタイムが生じる施術ですが、適応の方が行うと大変若々しくなる結果に満足していただける施術です。

術前

術後3ヵ月経過

裏ハムラ法(経結膜眼窩脂肪移動術)

裏ハムラ法とは

裏ハムラ法は一般的な表ハムラ法と違って、結膜側から切開し、眼窩隔膜(目の下の脂肪を覆っている膜)や眼窩脂肪(目の下の脂肪)を、眼窩の骨膜や内側の眼輪筋に固定する方法です。
クマやたるみの原因となっている脂肪を、下瞼の裏側から凹んでいる部分に移動させ固定する事で、凹んだ箇所を自然でフラットな状態にする施術です。
皮膚に傷跡がつかないというメリットがありますが、皮膚のたるみは切除できないため、たるみが強いかたは適応がない場合がございます。
ダウンタイムは表ハムラ法とほぼ同等ではありますが、傷跡が皮膚側にない分1週間目の抜糸が必要ないという点においてはお仕事などでダウンタイムが取りにくい方にはおすすめの治療ではあります。

目の下の切らないクマ取り・たるみ取りとの違い

また、広島プルミエクリニックの目の下の切らないクマ取り・たるみ取りも、裏ハムラ法と同じように下瞼の裏側から施術するため、皮膚の表側に傷が出来ませんが、脂肪を取るのか、活かすのかの違いがあります。
目の下のたるみ取りで脂肪を取った場合は、次にハムラ法や裏ハムラ法を施術しようとしても、脂肪を固定する箇所を取っているため、ハムラ法や裏ハムラ法での施術ができない場合があります。
しっかりと術前に担当医師と相談して、それぞれの目元の状態に合わせた治療を選択するようにしましょう。

目の下のクマやたるみの原因

  • 年齢を重ねる事で皮膚や筋肉がたるんできてシワが生じてくる。
  • 目の奥の脂肪が下がってきて、その脂肪により目の下にふくらみができてしまい、たるみが生じてくる。
  • 目の下の複数のシワが重なる事で、目の下にたるみが生じてくる。

    これらの原因で起こってくる症状を、しっかり解消できる手段としてご案内しています。
    術前にしっかりとカウンセリングをさせていただき、適応の有無を確認した上で、患者様に合った治療をご提案させていただきます。

ハムラ法以外の目の下のクマ取り・タルミ取りはこちら

症例写真(経過で見るハムラ法)

術前

術後三ヵ月経過

術直後

術後一週間経過

 

術後一カ月経過

術後三カ月経過

施術名:ハムラ法
施術の説明:皮膚側から切開し、溝を形成する癒着を剥離し、脂肪を溝の部分に引っ張ってきて固定する施術。
施術の副作用:

<頻度高>内出血・腫れ・むくみ・傷跡の赤み

<頻度少>若干の左右差・瘢痕・下眼瞼の皺の残存・脂肪の残存・下眼瞼のくぼみが目立つ

<頻度稀>疼痛・血腫・感染・結膜充血・結膜浮腫

施術の価格:248,000円~348,000円

料金

ハムラ法・裏ハムラ法

348,000円

モニター料金 248,000円

安心保証制度(自費診療の場合)

施術名保証期間保証内容
ハムラ法・裏ハムラ法術後1年間取り残しタルミが残っている場合、無料で手術致します。

ご予約お問い合わせ

カウンセリング予約

無料メール相談