たるみ取り全切開+目頭切開プレミアム

こんにちは。本日の症例は、『たるみ脂肪とり全切開術+目頭切開プレミアム』を行った患者様です。

元々、他院で埋没法での二重術を行っていましたが、二重のラインが浅くなり、今後埋没法でメンテナンスする時間がとれないかもしれない、とのご理由から、今回思い切って切開法での二重術を行うことになりました。

併せて、目頭切開も行い、パッチリとしたお目元に仕上げています。

写真を供覧します。

術前

埋没法による二重ラインはほぼ消失しています。

術直後

若干、目の開き(黒目の見え方)に左右差があるため(右>左)、見た目の印象で左右差が目立たないように、二重幅を調節しています。

また、睫毛の生え際に皮膚のたるみがのらないように、余剰皮膚切除や二重の食い込みを調節しています。

目頭は、蒙古襞のカーブを解除し、ナチュラルな目頭になるように切開しています。

1週間後(抜糸直後)

1か月後

3か月後

パッチリとしたお目元に仕上がりました。

術前

術直後

1週間後

1か月後

3か月後

今回の症例の方は、そこまで黒目の大きさの差が目立つわけではありませんでしたが、目の開きの左右差が目立つ方は、眼瞼下垂手術を併用して目の開きを大きくする場合もございます。

診察時にシュミレーションを行いながら、仕上がりを確認させていただきます。

【二重術(切開法)のホームページはこちら】

【目頭切開プレミアムのホームページはこちら】

ご興味のある方は、広島プルミエクリニックへご相談くださいませ。

 

~本日の治療内容~

施術名:たるみ脂肪とり全切開二重術(両目)
施術の説明:デザインしたラインに皮膚を切開・切除し、余分な眼窩脂肪を除去後、瞼板・挙筋腱膜と皮下組織を3~4カ所固定します。 最後に切開部の皮膚を縫合する二重を作る施術です。

施術の副作用:

<頻度高>内出血・腫れ・むくみ・傷跡の赤み

<頻度少>疼痛・瘢痕・二重ラインの消失・目つきの変化による違和感・食い込みが強いことによる違和感・若干の左右差

<頻度稀>血腫・感染・眼脂が増える・ドライアイ

施術の価格:228,000円~268,000円

 

施術名:目頭切開法プレミアム

施術の説明:皮弁法により数ミリ目頭を切開する。

施術の副作用:

<頻度高>内出血・腫れ・むくみ・傷跡の赤み

<頻度少>若干の左右差・眼脂が増える・瘢痕

<頻度稀>疼痛・感染

施術の価格:98,000~198,000円

二重にしたい(埋没法:クリスタルネオダブル)

こんにちは!本日の症例は、『できるだけ腫れを出さずに二重にしたい』方におすすめの症例です。

二重を作る方法としては、①切開法 と ②埋没法 に分かれますが、腫れや内出血などのダウンタイムをできるだけ短くしたい場合は ②埋没法 がおすすめです。

埋没法は、メスを使用せず、髪の毛よりも細い糸で作る二重術です。

手術時間も約15分と短く、手軽に「一重を二重にしたい」「アイプチをするのが面倒だ」「今の二重幅を少し広げたい」「腫れが気になる」という方におススメです。腫れは個人差やメニューによる差がありますが、1~7日程度です。

埋没法にもいくつか種類がございますが、今回は、できるだけダウンタイムを抑えたい方におすすめの、クリスタルneo・クリスタルneoダブル の症例です。

neoは1本の糸を、neoダブルは2本の糸をスクエア型に埋没縫合しておりますので、neoに比べて、neoダブルのほうがやや二重が長持ちする構造になっております。

症例を供覧します(両目 クリスタルneoダブル)。

術前

術直後

1か月後

手術直後から、ご希望の二重に仕上がりました。腫れも目立ちません。

術前

術直後

1か月後

糸が細いので、目を閉じても糸玉が目立つ心配がありません。

 

クリスタルneo・クリスタルneoダブルは、できるだけダウンタイムを抑えた術式ではありますが、全く腫れないわけではありませんので、可能であれば余裕をもって手術を受けていただくのがおすすめです。

また、他の術式に比べて二重の食い込みが緩みやすいという欠点もございます。二重のラインが取れたり、浅くなったりした場合は再度留め直しいたしますので、遠慮なくご相談くださいませ。

【クリスタルneo・クリスタルneoダブルのホームページはこちら】

 

~本日の治療内容~

施術名:クリスタルneoダブル

施術の説明:プルミエ独自の糸の結び方や糸の通し方でまぶたの中に糸を埋め込み、二重まぶたを作ります。

施術の副作用:

<頻度高>内出血・腫れ・むくみ・違和感・異物感を感じる場合がある

<頻度少>二重ラインの消失・眼脂が増える・若干の左右差

<頻度稀>血腫・疼痛・糸の露出・感染(麦粒腫など)

施術の価格:159,000円~268,000円

目の下のクマが気になる Part2

本日は、前回の投稿に引き続き『目の下のクマが気になる』という患者様について、脱脂(眼窩脂肪切除)と目の下の脂肪注入をあわせた症例についてご紹介いたします。

加齢により、目の下のクマ(眼窩脂肪の逸脱)は徐々に大きくなり、頬の骨や脂肪のボリュームは減少する傾向があります。この状態で目の下のクマ切除のみ行うと、目の下~頬(中顔面)全体がくぼんだ状態になり、くまを取ったのに若返った印象がなく、やつれた感じがでる場合がございます。

今回ご紹介する患者様も、脱脂のみでは目の下の窪みが目立ち、逆に脂肪注入のみだと、目の下が腫れた印象になりやすいと判断し、適度な脱脂と脂肪注入で目の下の凹凸バランスを整えました。

症例を供覧します。

術前

術直後

(目の下の腫れ・赤みと、頬横に脂肪注入の針孔が3か所ずつあります)

1週間後

1か月後

3か月後

目の下の膨らみがなくなることで、涙袋がはっきり見えるようになりました。

また、脂肪注入により頬の位置が高くなり、若返り効果がでています。

 

術前

術直後

(脂肪注入により頬の位置が高くなりました)

1週間後

1か月後

3か月後

涙袋の下から頬の自然な立ち上がりが形成されています。

 

目の下のクマ治療につきましては、凹凸の改善の他に、色みや肌質などの治療も可能です。実際に診察させていただき、患者様のご希望もふまえて最適な治療プランをご提案しております。

【目の下のクマ治療のホームページはこちら】

ご興味のある方は、広島プルミエクリニックまでご相談くださいませ。

~本日の治療内容~

施術名:目の下の切らないたるみ取り+目の下の脂肪注入

施術の説明:まぶたの裏側から脂肪を切除します。

施術の副作用:

<頻度高>内出血・腫れ・むくみ

<頻度少>若干の左右差・肥厚性瘢痕・顔貌の変化による違和感・下眼瞼の皺の目立ち・脂肪の残存・影くまがめだつ・目の下のしこり

<頻度稀>血腫・感染・結膜充血・結膜浮腫

施術の価格:198,000円~368,000円