眼瞼下垂手術(切るデカ目術、保険適応もあり)

最新症例はこちら 詳しい料金はこちら

 

眼瞼下垂手術(挙筋腱膜前転法)とは

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態です。症状としては、上眼瞼が何らかの原因でひとみ(瞳孔)に上眼瞼がかかってくると視野障害が生じます。 視野障害の他にも年齢層の若い方にとっては美容的な問題も生じてきます。この症状は先天性の方と、ハードコンタクトレンズの長期間使用などによる後天性の方がいます。 症状としては重度になると肩凝り、頭痛、不眠、眼痛、冷え症、眩暈、吐き気がおこることがあります。 まぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜を短縮し、黒目が大きく見えるようになる手術です。 一定以上の眼瞼下垂の症状を認める人には健康保険が適応されます。 ぜひご相談くださいませ。

術前 開瞼時 額に力を入れない状態で開瞼した時の術前の状態 術直後 手術直後

最新症例

術前 術前 術後1週間 ノーメイク 術後1週間(1週間なので腫れはありますが、最小限ですね。)
術前 術前 術直後 術直後(額にもそんなに力が入っていませんね。)
術前 Befor 術後1ヶ月 After

過去の症例写真はこちらをクリック

関連治療

  • 切らないデカ目術
  • 切開することなく、デカ目にする手術です。腫れ、ダウンタイムが短くて済みます。

料金

挙筋腱膜前転法(両側) 通常価格 398,000円
モニター価格 328,000円
保険適応の場合(片側) 約22,500円

Q&A

どういう場合に保険適応になって、どういう場合には自費になるのでしょうか?

診察させていただかないと何とも言えませんが、重度の加齢性の目瞼下垂や先天性眼瞼下垂が保険の適応です。

抜糸はいつですか?

抜糸は1週間です。

腫れのピークはいつですか?

腫れのピークは2、3日だと思います。それから徐々に腫れが引いていきます。

シャワーや入浴はいつくらいからできますか?

シャワーは翌日から、入浴は念のため1週間後からにしていただいた方が良いです。

ご予約お問い合わせ カウンセリング予約 無料メール相談